mori’s blog (仮)

for sometime somewhere someone

自宅よりも遠い場所(6) 「STAGE6 空を見る俺」

ベトナムに到着したmoriは、ホテルへの移動方法を探す。タクシーへと案内されるmoriは、ドライバーからそのホテルからは送迎が出ないことを聞き、私のネームプレートを持った人がいないことに納得する。

 

 

 

ベトナム社会主義共和国、通称ベトナムは、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する国である。

国土は南北に細長く、北は中国、西はラオス、南西はカンボジアに接している。東は南シナ海に面しており、平均気温は全土を見ても25℃~30℃の間である。

f:id:mori_hojiro:20190331194220p:plain

 

参照

ベトナム - Wikipedia

 

 

 

7時間のトランジットの後、飛行機から降り立った場所。

 

修学旅行で初めて沖縄に降り立った時の蒸し暑さを思い出しました。

 

f:id:mori_hojiro:20190331194812j:plain

ダナン国際空港 手荷物受取場所

ついにやってきたぜベトナム!!

 

ここはベトナム中部のダナンという都市。

非常にきれいな空港です。

光が反射する大理石の床や壁。

曇りのないガラス、ちらつきのない案内板。

ウォシュレットのないトイレ。

 

…ん?

空港のトイレなのに?ないの?ウォシュレット

 

ないです

 

 

全てのトイレを確認したわけではないのでわかりませんが、空港にウォシュレットトイレはありません。

つまり、ベトナムにウォシュレットトイレはおよそ存在しない

と、ベトナムに上陸した瞬間に今回の旅のマイナス点がついてしまったのだった。

 

まあ予想はしていましたが…

 

 

気を取り直して、いざ空港の外へ…!

 

 

 

 

f:id:mori_hojiro:20190331200902j:plain

「こんにちは ありがとう ようこそ ダナン国際空港

空港の建物の外では、ホテルからの送迎に来た人やタクシーの客引きが我々観光客をお出迎え。

送迎に来た人の手元のネームプレートに私の名前は…ない。

 

 

んんん

歩いてホテル行ってみるか。

 

と歩き出して見つけたモニュメントですが、今見直すまで書いてある文字が何なのか知りませんでした。

 

 

空港の駐車場を横切り、空港敷地出入り口と思われる場所まで来ました。

その先は、道幅の広い道路。

どうやら円状の交差点のようで、歩道らしき道が見つかりません。

 

 

 

んんんんんんんん

 

 

戻ろう。

送迎の人を探して、いなければ潔くタクシーに乗ろう。

 

空港の建物前まで戻り、もう一度送迎の方々の持つプレートを見ます。

 

…やはり私の名前はありません。

まだ来ていないのか、そもそも送迎がないのか。

 

迷いながらうろちょろしていたので、タクシーに乗らないかと声をかけられました。

多少の英語と、事前にDLしていたGoogle翻訳ベトナム語を駆使し、

「ホテルからの送迎を探している」

みたいなことを伝えると、

「そのホテルは送迎ないよ!」

と教えてくれました。

 

これが本当かウソかはわかりませんが、私のネームプレートがないのは事実。

 

「…じゃあホテルまでお願いします」

 

よしきた!みたいな表情をされたような気もしましたが、

大邱のとき同様に途方に暮れそうだったので助かります。

何よりベトナムの物価は安いのです。

更に旅行ですし、ケチってはいけません。

 

道に出て気づいたことですが、この国は左ハンドルの右側通行です。

そして何よりもバイクが多い

私の体感ですが、日本の5~10倍以上のバイクが走っています。

盛ってはいません。

 

しかも車間距離が近すぎる。

信号待ちだと50㎝もないんじゃないか?

 

更に日本のような交通ルールもないのか、住宅地でも60km/h以上出したり、

前の車を抜かし続けるために蛇行したり、我先にと進むために車もバイクもクラクションをしょっちゅう鳴らしています。

 

日本の道はこれ以上なく安全であると、この時知りました。

 

 

英語での多少の質疑応答をしながら、この旅行の拠点となるホテルにつきました。

 

その前に

 

「700000ドン?もう少し安くならない?」

今回の旅で初めての値下げ交渉です。

 

「んんんwじゃあこれでどうだ」

550000ドン

 

成功しました。

了承し、お礼と握手をしてチェックインです。

 

 

 

 >>続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新居に来て、翌日から仕事が始まり、研修が長引いて初日から残業。

今のところホームシックにはなっていないですが、いつまで今のモチベーションでいられるか、いつになれば新生活になれるのか。

不安は尽きません。

頑張ります。

自宅よりも遠い場所(5) 「STAGE5 ようこそコリアンショーへ」

日本からベトナムに向かうために旅だったmoriは、乗り換えのために韓国に降り立つ。出発までの時間を使って睡眠時間を確保するつもりだったmoriだったが…

大邱国際空港


後で調べてわかったんですが、大邱は韓国4番目の都市で、どうやら韓国語ばかりの純正韓国(?)ってかんじらしいです。


トランジットが7時間。
諸々の手続きを考慮して、3-4時間ぐらい空港内で仮眠する予定でした。

しかし、ロビーにいたら職員に追い出されました。
「Airport, close」

アッハイ


現地時間3月25日23:50

空港の店はどこも閉まっており、ウォンの用意もしていなかったため、カードが使えない場所には行けません。

気温は体感10-15℃



んんん






どうしようかうんうん唸っているところに
「あのー、日本の方ですか?」

はい!はい!日本の方です!


私と同じく、空港で夜を明かす予定が締め出されてしまった女性でした。(以降Aさんとします)

外国に一人で途方に暮れていたところに一筋の光。
日本語が話せる人と出会えてどんなに心強かったことか。
国内にいては絶対にわからない感覚でした。


さて。
とりあえずどうするか。

歩いてみますか。
とのことで空港周辺を散策してみることに。


空港直結のホテルあった!
でもあと4時間後には空港だし…

てことで、空き部屋と料金をとりあえず聞いて、さらに歩みを進めてみることに。
因みに空きがダブルorツインでそれぞれ85000ウォン(約8500円)でした。




空港横の通りの先にチラチラ見えていたセブンイレブン
知ってる店があるだけでどれだけ心強かったか。


と。
なんか欧米人とアジア人が道端で話してる。

Aさん凄い積極的に話しかけに行ってる。




…あ、え、欧米人の方つれてくの??



話を聞く限り(聞き取れる限り)だと、無一文っぽい。

……まじかー。


でもAさんその人も連れてセブンに入ってご飯おごってた。
かっこいい。

会計終わってご飯渡したらそそくさと別れたけど。




さてさて。
さらに歩みを進めてみることに。

ネオンの看板の文字は読めないけど絵でわかる、カラオケ店。
明け方まで屋内に入れればいいからありかなー
なんて話しながら更に歩いていくと。


24
って数字と読めないハングル文字。
明るい店内。

24時間営業の大衆食堂的なのがあった!!
店長?のおばちゃんにGoogle翻訳を駆使して、明け方までいても大丈夫とご了承を得られた!

助かった…


とりあえずなんか食べましょってことでコレ
f:id:mori_hojiro:20190326062558j:plain

たしかクッパ
1人6000ウォン×2でこの量はなかなかこの時間には食べられないよ。

でも本場のキムチとかいい機会だよね!
みたいなポジティブなお言葉をAさんがかけてくれる。

もう女神ですよ。

もしあの時出会ってなかったら空港前のベンチで1人夜を明かしていたと思うとそうとしか思えない。



結局クッパは半分ぐらい残しちゃって空港が開く4時まで休憩。



その後は空港戻ってそれぞれの手続き終わらせてって感じでした。
私の便は搭乗ゲートが変わったり出発が遅れたりとバタバタしてましたが。







合縁奇縁一期一会
袖振り合うも多生の縁



そういえばお互い名前を名乗っていませんでしたが、それはそれで良かったのかもしれません。
お互い共通のハプニングからの出会い。
きっと忘れることは無いでしょう。




この記事の投稿はベトナムを出発する日(3月28日)の早朝に空港で行いました。

自宅よりも遠い場所(4) 「STAGE4 Dear my home」

旅行を決めてから数日が過ぎ、ベトナムへと旅立つ日が来た。

ついに当日です。

今の今まで荷造りしてました。

なんならまだ完璧ではないんですが…
ついさっき友人からアクションカメラを拝借し、虫よけスプレーと日焼け止めを家から発掘し、多分大丈夫だとは思うんですが。

心配性はこういう時もメンタルが削られます。


普段ならどこに行くとか時間を正確に決めて、なるべく不安要素を減らしています。
今回は旅行決定が唐突で、他のタスクもあり、かなりガバガバな計画・準備でした。


しんどい





あと2時間後ぐらいには最寄りについていたいのでこの辺で。

さようなら、我が家。


ちなみにモバイルWi-Fiルーターはレンタルしないことにしました。
どうやら向こうの街中のWi-Fi普及率は日本よりいいらしいので。

自宅よりも遠い場所(3) 「STAGE3 一匹の脛かじり虫」

ついにベトナム行きのeチケットを手に入れたmoriは、ベトナム旅行に行くために身につけたほうがいい技術や知識を学ぶため、数時間に渡るネットサーフィンに臨む。

 

 

前回

自宅よりも遠い場所(2) 「STAGE2 期待と不安が止まらない」 - mori’s blog (仮)

 

 

 

前回の記事の訂正です。

海外旅行保険ですが、申し込めていませんでした。

カードのセキュリティコード入力して支払いボタン押して床に付いたんですが、朝起きて完了メールが届いていないことに気づき、保険屋にログインしようとするも出来ず、初めから打ち直すも「混雑していて支払えんかったわw」って表示されて、しかもそれが何回も…

 

デビットカードだからダメなのかと思い、航空券とかの支払いに使ったクレジットカードの情報を入力すると…

 

 

 

いけた

いけました

 

混雑じゃねんじゃ

JCBって国際ブランドじゃないんか?

エラーとか注意警告の文章は正確に登録しろ?

 

 

ともかく

保険は一応何とかなりました。

 

 

 

 

話は変わるのですが、私が利用しているスマートフォンの契約者、私じゃないんです。

これまで機種変更は何度かしましたが、高校入学前からの契約のため、父親に代理契約していただいておりました。

そして今もまだ契約変更しておりません。

 

「学生だから」と父も了承してくれているのだと思いますが、私自身も「学生だから」と父に甘えてここまで来ました。

ありがとう。ごめんなさい。

できれば給与数か月分もらって余裕出来るまではこのままで…

 

次買うとすればSIMフリースマホのような気がします。

SNSが普及してメールや通話がキャリア回線である必要もなくなりましたからね。

 

 

少し脱線しましたが、私のスマホの契約者が私ではない、ということです。

これが何なのかといいますと、キャリア提供の海外利用サービスを利用する際の条件変更や新規申し込みを私が自由に行えるかどうかわからない、という問題につながります。

 

なら父にお願いして契約者変更するなりサービスの新規申し込みするなりしてもらえばいいじゃん

ってなるのは自然な流れですね。

 

でも、それはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の旅行は、家族に秘密なのです。

故に、それはできません。

正確にはしたくない、です。

 

秘密といっても向こうに到着したら「今ココ(゜∀。)」って写真付きで送ろうかと思ってる程度なんですけど。

 

 

しかし、私の決意を揺るがす事実があるのです。

なんとつい最近まで父と弟が台北に行っていたのです。

これを思い出した私は契約内容を確認しました。

 

案の定というか、海外でもパケット使い放題みたいなサービスが契約中になっているではありませんか。

 

いやしかし、一日最大3000円で使うのが3日とすると9000円ならモバイルWi-Fiルーター5日間レンタルのほうが3000~4000円安く済むぞ…?

2日間だけの利用なら6000円で済むけどそれでもだな…

でもルーターの受取返却がないしルーター自体持たなくていいわけだし…

 

 

 

 

んんんんん

 

んんんんんんんんんんんんn

 

 

お昼食べてキャリアショップ行ってきます。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

行ってきました。

なんとなく分かってはいましたが、店員さんもそこまで詳しく把握してなかったですね。

客に配る用の冊子に書かれている以上のことを知らなそうでした。

それでもいくらかモヤモヤは解消されたので良かったです。

 

ルーターにするかキャリアサービスにするか決まらないままですが。

 

 

 

 

さて、ルーターは出国日前日まで予約できるそうなのでとりあえず置いておくとして、

とりあえず今日は明日からのボドゲ合宿の用意と、旅行に持ってく服の用意をしますかね。

 

タ旅行準備と引越し準備のタスクが重すぎて間に合う気がしない…

 

 

自宅よりも遠い場所(2) 「STAGE2 期待と不安が止まらない」

moriの部屋に集まった一行(1人)は、スマホとPCでベトナムに行くために必要なことを探す。そんなものは簡単に見つかるのだが、旅行準備と並行して引越し準備をしなければならない事実に直面するmori。何から手を付けるべきかあたふたするmoriの前に、ボドゲ合宿のお誘い連絡が来る。

 

 

前回

自宅よりも遠い場所(1) 「STAGE1 青春じゅうまんえん」 - mori’s blog (仮)

 

 

 

引越し先は寮で、電化製品や大型家具などはある程度備え付けられています。

そのため、服や書類などの必要なものだけ運べばいいので、引越し準備自体はぶっちゃけそこまで時間はかかりません。

業者に荷物運搬を頼まず車で持っていくので、段ボール詰めも必要なもの以外は行いません。

 

じゃあ、旅行するために必要なこととは。

  • 持ち物準備
  • 保険

 

持ち物準備は、まあ着替えやら日用品やらはいいとして。

問題というか懸念事項は以下の二つ。

  1. 外貨
  2. モバイルWi-Fiルータ

 

1. 外貨

前の記事で少し紹介したように、ベトナムの通貨はドン(VND)です

海外が初ではないとも書きましたが、その際の外貨両替はゆうちょ銀行で行いました。

なので、今回もゆうちょを利用しようと思い、とりあえずHPを確認。

 

f:id:mori_hojiro:20190319145235p:plain

まじかー…

 

まあ、仕方がないです。

空港でできますし、最悪現地でできます。

なんならVND両替に関してはハノイホーチミンは現地が一番レートが良いらしいですがダナンは非推奨らしいですからね。(以下参照)

www.osanpomiti.com

 

また、ここで公開しているpdfを見ると、VND両替を扱っている銀行自体少なくはないですが多くもないです。

www.narita-airport.jp

 

 

早めに空港に向かって両替をすれば問題ないですね。

 

 

2. モバイルWi-Fiルータ

海外旅行パックを調べているときに広告で見つけたんですが、こういうものがあるそうです。

便利な時代になりました。

海外でもデータ通信できるキャリアサービスもありますが決して安くはありません。

4G回線データ容量無制限で1日1000円しなかったりするものもあるっぽいし良さげです。

 

 

 

…と思って調べてみたんですが、少し考え直しました。

 

その理由ですが、

まず、出国日~帰国日で日数を換算して料金が決まるということ。

 

今回の私の旅程では、25日の20時頃出国で、現地着が26日の9時頃。28日12時頃出国で、29日8時頃帰国です。

出国日と帰国日はほとんど日本にいるため、2日分は必要ありません。

 

また、レンタル品なので破損紛失等した際の保険料金が一日単位で必要なこと。

そこまで多くのメーカーのを見ていないので違うところもあるかもしれませんが、弁償代金の100%補償、80%補償、ルーター以外のレンタル品すべても補償対象、任意のレンタル品に補償適応など、1日当たり200円~1000円ほどです。

 

前述の通り、2日分は必要ないんです。

んん~…

 

上記2点を踏まえた上で、現地空港か乗継空港での受け取りが可能なメーカーがないか調べたのですが、国外でのレンタルは不安要素が多すぎる。

 

 

ただ、いくら2日分必要ないとはいえ、乗継時間が結構長い上、乗継空港のテグ(大邱)国際空港でWi-Fiが使えるのかわからないんですよね…

1件だけ「セキュリティわからんけど大邱空港のWi-Fi環境は良かった」ってコメントは見つけましたが。

 

 

現地でGoogleMapやら翻訳やらソシャゲやらTwitterやらをしてるとどの程度取られるかわからないですからね。

頑張って早起きしてスマホのキャリア支店に行って聞いてこようと思います。

 

 

 

 

旅行準備、保険について。

旅行先でも適応される生命保険やらなんやら。

 

先日、就職先の給与受取用としてみずほ銀行で口座を作る際に作らざるを得なかったデビットカードに、旅行傷害保険が自動付帯されていました。

 

が、今回の旅費は別のクレジットカードで払ってるんで適応されないんですよね。

 

比較サイトとか評価とか見てもどこがいいのかわからないのでここの一番安いやつで申し込みました。

これはデビットカードで支払いましたが付帯保険は適応されるんすかね?

www.hs-sonpo.co.jp

 

 

 

時間は遡り卒業式の後の懇親会の後のシーシャカフェでのこと。

TRPGのシナリオを書いてる同じサークルのメンバーからボドゲ合宿のお誘いが来ました。

行きます。

サークル発足前から結構合宿とかしていたので、いつものメンバーって感じです。

 

旅行準備と引越し準備まだ終わってないけどね!

自宅よりも遠い場所(1) 「STAGE1 青春じゅうまんえん」

時間ができたら何か始めたいと思いながらも、なかなか一歩を踏み出すことのできない少年(?)・moriは、この度ベトナムへ行きます。

 

 

 

 

 

はい。

ベトナムへ行きます。

 

 

 

 

自宅よりも遠い場所なんて全部そうやんけっていうツッコミはわかります。

でもほら「タダより安い物はない」みたいな、ね?

そういうことです。

 

 

 

私事ではありますが、明日の2019/03/18に大学を卒業します。

\オメデトー/ \オメデトー/

コメントやTwitterのリプとかでお祝いしてくれてもいいんですよ?

 

そして今月最終日に引っ越しです。

時間がねぇ!

 

人生最後の長期休暇かもしれない今、時間がないとできないことをやらずにどうするんだとつい1週間ほど前に思い、

「じゃあ卒業旅行すっか」

となりました。

そして旅行の予約が終わったのでこの記事を書いてます。

 

 

人間楽して生きられればそれがベストです。

無理して働きたくありません。

なので時間があった1~3月はバイトなどせずDTMをはじめてみたり洋画を見たりしました。

 

でも、この言葉が刺さりました。

「つまらなくてただ長いだけの人生より、面白くて短い人生のほうがいい」

 

たしかこんなかんじ。

なんか、生き急がなきゃって思いました。

だから、旅行です。

 

 

ただまあ、上記の通り働かずにいたのでそれほど資金がない。

3日前後で安く済む、都合のいいツアーとかパックみたいなのないかなと。

 

上の格言を聞く前だったか、タイへの航空券が安いという噂を耳にしたので、アジアあたりで物価が安い国を探しました。

 

 

f:id:mori_hojiro:20190317230144p:plain

こういうのを探してた

 

 

日本からすると驚くほど物価が安い国、ベトナム

ベトナムの通貨はドン(VND)だそうですが、基本的に

1円=200ドン

らしいんですね。

それでビジネスホテルだと1泊で200000ドン=1000円とか、1.5Lミネラルウォーターが4000ドン=20円とか、タクシー10㎞あたり80000ドン=400円とか。

 

やっっっっっす

 

しかもあれでしょ、ベトナムといえばアオザイ

アオザイ美人を生で見れるとか…

 

 

ここしかないなって思いましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウソです。

正直ロシアのハバロフスクウラジオストクあたりとここでめっちゃ迷いました。

日本から最短のヨーロッパ、シベリア鉄道、ロシア美人…

 

そりゃ迷うよ。

 

ただやっぱり、現在進行形で資金不足なので物価の安さと気温を比較してベトナムに軍配が上がりました。

日本から3時間ぐらいで行けるなら夏の週末行けるしね。

 

 

 

 

さて、海外経験がないわけではない私ですが、それはまだ現役で学生且つ英語を絶賛勉強中だった頃に、英語圏に、複数人で行ったという話です。

 

今回は話が違います。

習ってない言語、Not英語圏、ぼっち。

下手したら死にます。

友達2,3人に声かけましたがそうそうタイミングよく行ける人はいません。

 

そして最大の敵は 

 

3月でも半袖で余裕のベトナムは赤道にそこそこ近いですからね。

予約サイトのホテルレビュー見てると、風呂場やシャワールームに茶色いやつがーとか、枕の裏に10匹ぐらいいたとか。

 

はい、想像してしまったあなたはSANチェックです。

私は虫が大の苦手なので1D3/1D10ぐらいで3ぐらい減りました。

 

屋外で虫よけ必須とかはまあわかるとして、寝室でそれは流石にきついので、

なるべく、なっるべく評価が高いホテルを選ばないと寝れねぇ、と。

 

ぶっちゃけそのレビューみてロシアに切り替えようかと本気で思いました。

まあそれでも、なんですけどね。

 

物価とか調べてるときにこの画像を見つけたんですよ。

f:id:mori_hojiro:20190317232933j:plain

おぉぉ…

 

ホイアンはランタンが有名らしく、月一で祭りが開催されるとかなんとか。

 

物価が安くて旅行費が安いだけで決め手に欠けていたのですが、この画像に魅了されました。

この風景を見に行こう。

 

ホイアンには空港がないため、近くのダナンという都市の空港までの往復チケット、評価が高いホテル。

 

 f:id:mori_hojiro:20190317234050j:plain

完璧やん…

 

 

 

てことで、社会人前の最後の旅は、

資金10万円ぼっち卒業旅行

です。

 

日程は25日夜に成田を出て、7時間ぐらいの乗継を挟んで、現地26日9時頃着。

2日間観光して、現地28日12時頃出発、12時間の乗継を挟んで、29日8時頃帰国。

 

…仕方ないんです。

ロシアと迷う期間が長すぎて、乗継時間が短いチケットはとっくにはけてたんです。

 

 

 

久々の投稿でかなり長くなってしまった。

明日5時半起きなのに…

DTMはじめてみた

色々なことに興味があり、これもそのうちの一つで

現在、実質ニート状態でアホほど時間はあるので、はじめてみました。

 

先月の今ぐらいまで丁度忙しく、やりたいことがやっとできる時間ができ、

友人と旅行に行ったり夜通し遊び歩いたりしたい気もありましたが

そんなに友人がいないことを思い出しました。

 

あとメモ程度に、ここに試したこととかを成長日記みたいに記録していこうかと。

これ書いてる時点ですでにめんどいとか思ってるけど。

 
0日目(2/11)

DTMとは

Desktop Music。PCで作る音楽や音楽の作成編集行為の総称。

 

フリーのDTMソフトを探して

「色々揃ってて打ち込みしやすいこれがいいゾ」っていう

DAW(Digital Audio Workstation:DTMのツール)ソフトとして

Cakewalk (by BandLab)

とやらを雑に選択し、インストール。

ここを参考にしながら打ち込みができる前までセッティング。

kaymusic-online.com

 

1日目(2/12)

上のサイトの「ピアノロールビュー・譜面ビューを使ったMIDI入力」を見つつ、

私が好きな某18禁同人ゲームのBGMを参考に打ち込み始める。

耳コピ支援ソフト使いつつそれっぽくできた。

 

MIDIとは

Musical Instrument Digital Interface。電子楽器の演奏データの規格的なやつ。

 

 

2日目(2/13)

前日のやつの手直ししてmp3にエクスポート。

リスペクトして作ったとはいえ流石に寄せすぎたしなんか言われた時が怖いので

一生公開することはないだろうお蔵入り作品誕生。

 

2曲目に取り掛かる。

マルチティンバー音源を使うための設定方法を忘れる。

また忘れそうなのでリンク貼っとく

kaymusic-online.com

 

今回は

・ループできるような曲

TRPGで日常場面or怪しくなってきた場面で使えそうな曲

・公開しても大丈夫そうな曲

を目指し、またも某ゲームBGMを参考に作成開始。

ギター3重奏の、4小節だけの繰り返しできる曲っぽいものを生み出す。

怪しい雰囲気のメロディになった。

f:id:mori_hojiro:20190214231944p:plain

半分も使い方わかってないです

 

3日目(2/14)

頭痛が痛いのでこの記事を書いて寝ることにします。

画面見続けるのがキツい...

銀行とお役所と行ってなんか感染ったか、花粉くらったか。

 

昨日作ったところまでの音を聞き返してみたけど作り直したくなる出来にしか聞こえないんだが

俺、この曲完成させたら次はEDM作るんだ…

 

そろそろ次のシナリオについてがっつり考え込みたくなってきたし、GODJ触りたくもなってきた。

リリスパのサントラがエモすぎるんじゃ

 

 

 

まとめ

体調管理はしっかりしよう